中村八幡宮例大祭(流鏑馬)

9月17日の日曜日に、中村八幡宮秋の例大祭恒例の『流鏑馬』が行なわれます。
中村八幡宮の『流鏑馬』は、江戸時代、仙台藩主伊達吉村が参勤交代の際に、「神馬」を奉納したことをきっかけに、例大祭で若者が弓の腕を競ったのが始まりといわれています。

中村八幡宮の『流鏑馬』は馬場通りを境内に向かって走る「凱旋流鏑馬」で、羽織を身にまとった射手が太鼓の合図で250mの参道を駆け抜け馬上から的をめがけて矢を放つ様は迫力満点で人馬一体の技は一見の価値があります。

このイベントは market-nに投稿されました。